育毛剤を使いながら増毛剤を使用

髪の毛が薄くなってきたと感じた時、簡単に始められる薄毛対策として「増毛剤」と「育毛剤」の使用が挙げられます。
これら2つは近所にあるドラッグストアなどで手に入れられますが、どのような違いがあるのでしょうか。
まずはその違いから説明します。
増毛剤は髪をボリュームアップさせるために使います。
これにはスプレータイプとパウダータイプのものがあり、細かい微粒子を自分の髪の毛に付着させることで髪を太く多く見せることができます。
なので、外出時や人前に出る時に薄毛を隠すのに役立ちます。
一方、育毛剤は頭皮の環境を整えて今ある自分の髪の毛を抜けにくくし、丈夫に育てるために使用します。
これには血行を促進するタイプや男性ホルモンを抑えるタイプ、毛母細胞に栄養を届けるタイプなどいくつかのタイプがありますが、薄毛になった原因に合ったものを使用すると効果的です。
また、育毛剤は頭皮にしっかりと浸透させることがポイントなので、シャンプー後の頭皮が綺麗になっている状態で優しくマッサージしながら塗ると良いでしょう。
これを毎日継続していくことで効果が期待できます。
このように増毛剤と育毛剤では使用目的や期待できる効果が全く異なります。
昼間に外出する時は増毛剤で薄毛部分を隠し、夜シャンプーで増毛剤を落とした後に育毛剤で頭皮のケアをするのが基本的な併用方法です。
そして、育毛剤の効果が実感できて薄毛が改善されてきたら、増毛剤の使用量を少なくしていけます。
やがて薄毛が完全に改善されたら、育毛剤での頭皮ケアだけになっていきます(育毛剤の使用をやめるとすぐに薄毛に戻ってしまいますので)。
こうすることで、周囲に気付かれずに薄毛対策ができるかもしれません。